• ホーム
  • クラミジアという性病にうつると

クラミジアという性病にうつると

クラミジアとは病原菌によって感染する性病の一つであり、日本では感染者が最も多いとされています。
ちなみに、性器に発症するものと咽に感染するものがあります。
感染者との粘液接触や精液、膣分泌液などを介してうつりますが、感染しても男女ともに自覚症状がほとんど無いため、知らないうちにパートナーなど他の人にうつしてしまうケースが多いです。
この病気は完治すると再発はしないということです。
しかし、完治したかどうかは分かりにくいですし、完治していないとお互いに再び感染させあってしまうことになります。
クラミジアの治療は専用の治療薬を服用することになりますが、1回飲めば7日間効果が続くという薬がよく使われています。

初めてクラミジアにかかった場合、まずは病院で診断を受けると良いでしょう。
病院で診断してもらうと病気の種類を特定できるため、最適な治療を受けられるというメリットが挙げられます。
しかし、病院を受診した履歴が残ってしまい、通院した履歴書が送付されてくるというデメリットもあるので注意しましょう。
ちなみに、クラミジアにかかっていることが分かったら、通販サイトなどから治療薬を購入し、自宅で治すという方法もあります。

また、最近では性病の検査キットというものがあるため、このようなものを使用して自宅で性病の検査をするという人も増えてきています。
クラミジアは感染しても約半数の人には自覚症状が出ないため、そのまま治療しないで放置してしまう人もいるでしょう。
そして、気づかないうちにパートナーにもうつしてしまうことがありますし、クラミジアに感染していると他の性病にも感染しやすくなります。
この病気になると性病の重複感染の状態が起こりやすくなるので注意しましょう。