• ホーム
  • 性行為の種類によって性病になるリスクも変化

性行為の種類によって性病になるリスクも変化

血圧を測定される患者

性病というのは性行為をすることによって感染し発病する病気です。
そして一口に性行為といっても最近の世の中には実に色々な種類の行為があるものです。
例えばセックスも性行為ですし、口で男性器を舐めるフェラチオについてもいわゆる性行為です。
そして行為の種類によって性病になるリスクの高さについても、また違ってくるのです。
例えばセックスは最も性病になってしまうリスクの高い種類に分類される行為です。
なのでセックスをする際にはどんな場合であれ、コンドームをつけてしなければいけません。
万が一相手が病気を持っていた場合、セックスをすることによって簡単に感染してしまうからです。

そして性行為の中でもいわゆるオーラルセックスと呼ばれている比較的優しいプレイについては、セックス程性病になってしまうリスクは高くないものです。
しかしオーラルセックスは主に口を使って性行為をするので、口から感染するタイプの性病にはなってしまう可能性があります。
例えばクラミジアという有名な感染症がありますが、このクラミジアについてはセックスをすることによって感染するだけでなく、口から侵入して感染してしまうこともあるのです。
なのでオーラルセックスをする相手の口にクラミジアの原因となる物質がいた場合、オーラルセックスを受けた相手は感染してしまうことになります。
なのでいくらソフトなプレイだとはいっても、常に性病になってしまうリスクというのは存在するものなのです。
そしてどんな時でも性病になってしまうのを防ぎたいと考えているのであれば、定期的に自分とパートナーが病気に感染していないか病院で調べてもらうしかありません。
しっかりと病気を予防して、健全な性生活を送っていきたいものです。